FC2ブログ

買い物メモ



WHITE ALBUM2 -introductory chapter-

Leaf最新作

シナリオはあの丸戸さん

でも分作はねえよ!



エヴォリミット

propeller最新作

燃えゲーを作らせたら

このメーカーの右に出るところは余りない!



装甲悪鬼村正

歯応えのない萌えゲーに

飽き飽きしている貴方にお勧め!


プロフィール

嵯峨

Author:嵯峨


SE業界に潜り込んで3年目。
順調に駄目社員へと進化中。

最近はラノベばっかり読んでます。
食べ歩きも好きです。
それぐらいしか趣味がないです。

連絡はこちらへ。

このBlogは解像度
1024×768以上
推奨となっています。
(それ以下だと
改行がおかしくなるかもです)

最近の記事

ブログ内検索

お勧めラノベ作品


戯言シリーズ

(著:西尾維新)




化物語

(著:西尾維新)




悪魔のミカタ666 スコルピオン・オープニング

(著:うえお久光)




私立! 三十三間堂学院

(著:佐藤ケイ)




学校を出よう!

(著:谷川流)




カレとカノジョと召喚魔法

(著:上月司)




狼と香辛料

(著:支倉凍砂)



test

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「淫烙の巫女」感想

今回はNomadから発売されたゲーム、「淫烙の巫女」の感想です。
公式HPでのこのソフトのジャンルは「巫女女子校生凌辱AVG」。
うん、そのまんまですね。
つーか作品ごとに細分化されたジャンルに存在意義はあるのでしょうか。

ネタバレは多分なし。
攻略サイトも特に使用しておりません。総当りで楽に行けるかと。


・ゲーム
 オーソドックスなADV。選択私を選ぶことでENDINGが分岐します。
 選択肢の数も多いと言うわけでもないので、総当りでコンプリート可能です。

 この間の「魔将の贄2」と根っこが同じブランドのため、
 システム面での差は殆どありませんね。基本的なものは、まあ揃っている感じ。
 個別音声ON/OFF、クリック後も音声再生継続といった機能がないのが痛いですが。
 パッチにてホイールクリックでウインドウ消去が付いたのは非常に良かった。
 魔将とかではわざわざ小さな×印をクリックしなければ消えませんでしたからね。
 あれは非常にめんどくさい。

 というわけで現在公式でパッチが公開されています。
 今からプレイされる方は是非当ててからプレイしましょう。



・ストーリー
 なんか現代に蘇った鬼が復讐のために巫女にエロいことをするお話です。
 うん、テンプレートだね!
 細かいことは考えず、ひたすらエロいことに没頭するのが正しいかと思います。
 (微妙にネタバレ?反転↓)
 途中色々伏線っぽいことがあったりしますが、結局回収されずじまいでしたし。
 指が勝手に動いたとか何とかというくだりの所とかね。

 (終わり)
 難しい部分は全くないストーリーなので、適当に読み飛ばすぐらいで良いと思います。
 非常に理想的な抜きゲーですね!
 抜きゲーなのにグダグダ小難しくするよりは遥かに好印象です。



・キャラ
 生真面目な女子校生巫女、遥。
 天真爛漫な妹、陽菜。オバサン、美咲。
 相変わらず年上には辛辣ですが、この3人がメインです。
 というか、この3人以外のエロはほぼありません。

 このゲームは遥をメインに据えた形になっていますので、
 他2人を期待してこのゲームを買う方はたとえエロシーンの量が少なく、
 即堕ちでもがっかりしないよう心を決めてからの購入をお勧めします。



・エッチ
 前述の通り、シーン数の6割強ぐらいを遥が占めています。
 残り2人ほぼ即堕ちなので、
 後々出てくるとしても遥を責めるサイドで登場することが多いですね。
 女性同士の絡みを見たい方は結構良いかもしれないです。が、個人的には微妙でした。
 美咲は処女ではないという設定のせいか、あまり主人公に直接やられることがなく、
 多くは剛蔵にやられているということも注記しておきます。独占好きなかたは注意。

 シチュとしては意外とフェラが多かったですね。
 ノーマル≧フェラ>>>アナル・パイズリといった具合で、まあ良い塩梅かと。
 特殊なものとしてはアナル舐めや浣腸されながらのフェラなどがあります。
 シチュの半分が美咲や陽菜に見られ(責められ)ながら、
 残り半分が第三者に見られ(責められ)ながらといった具合なので、
 恥辱シチュという意味では結構ハイレベルな作品だったかと思います。
 個人的には美咲・陽菜が堕ちていない段階での絡みが欲しかったのですが、
 最初の遥Hが美咲・陽菜が堕ちた後になってしまっているので、実現しようがないです。
 うーむ、残念。

 意外と遥が快感に流されやすいのも勿体無かったですね。
 もうちょっと嫌悪感をあらわにするシーンがあっても良かったかも。
 中盤以降は抗ってはいるけど、快感に押し切られるシーンが多かったので。
 もっと嫌がれ!



・CG
 金目鯛ぴんく氏の絵は好きですよ!
 原画・塗り共に文句なしの出来でした。
 枚数自体は少なめですが、差分も結構ありましたしね。



・総評
 評価:B-
 前評判から期待していたほどではないですが、
 そこそこ恥辱シチュも多く、使えるシーンもあったのでこの評価に。
 堕ちたキャラがでしゃばらなければもうちょっと上でも良かったのですが。
 絵が気に入って、独占じゃなくても気にならない方、
 むしろそっちのほうが興奮できる方には良い作品ではないかと。


--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--











ここから先はネタバレ全開です。閲覧には注意をお願いします。






さて、Nomad作品なのですが……そもそもNomadというメーカーを久々に聞いたYO!
ニセ教祖はまだなんとか雑誌とかで見た記憶があるけど、
そのあとの2作品は欠片も記憶に残っておりません。
ここ数年、エロゲ雑誌は毎月買って目を通しているにも関わらず、です。

どんだけ印象薄いんだ。


そつのない抜きゲーなので正直そこまで語ることはないんだけど、まあ適当に。
ネタバレ注意もいらない気がするけど一応ね。
こういった作品でネタバレ気にする人がいるのだろうか。

エロさでいえばこの前の魔将2よりはこっちの方が好き。
単純に羞恥恥辱公開凌辱といった要素が好きなだけなんですけどね!
顔見知りの町の人に輪姦されたり、
映画館で囲まれながら本番やったりといったシチュは正に大好物。

ただ学校ルートは、快感に流されすぎな気がしてちと微妙な感じでしたね。
もうちょっと嫌がってくれていれば、と思うと残念でなりません。
泣き喚く遥を男子学生が囲んで、それを助けることも出来ず見守る女生徒。
良いね!
こういうシーンがあれば神ゲーとはいかずとも、B+ぐらいの評価にはなったかもしれない。
嫌悪感っていうのは大事ですよね。
遥にはもうちょっと頑張ってもらいたかった。

遥以外の2人についても何か語ろうかと思ったけど、5分考えても何も出てきませんでした。
それぐらいこの2人には思い入れがない。
陽菜は馬鹿過ぎだし(キャラとしては天真爛漫を狙ってるんだろうけど)、
美咲はオバサンだしなー。年上ならともかく子持ちには欠片も興味がありません。
あ、でしゃばりすぎてウザいっていうのはあります。
堕ちたなら堕ちたでもう出てくんなよ、と。堕ちるまでの過程が大事なのだから。


まあ個人的には結構満足できたんですけどね。
やっぱり恥辱シチュいいわー。対人じゃないと味わえないこの背徳感。
魔将2は人外多すぎでしたね。
巫女に特化したゲームも最近少ないですし、
恥辱好きで巫女好きな方には是非お勧めしたいゲームです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://sagainkyushu.blog24.fc2.com/tb.php/788-b11d6035