FC2ブログ

買い物メモ



WHITE ALBUM2 -introductory chapter-

Leaf最新作

シナリオはあの丸戸さん

でも分作はねえよ!



エヴォリミット

propeller最新作

燃えゲーを作らせたら

このメーカーの右に出るところは余りない!



装甲悪鬼村正

歯応えのない萌えゲーに

飽き飽きしている貴方にお勧め!


プロフィール

嵯峨

Author:嵯峨


SE業界に潜り込んで3年目。
順調に駄目社員へと進化中。

最近はラノベばっかり読んでます。
食べ歩きも好きです。
それぐらいしか趣味がないです。

連絡はこちらへ。

このBlogは解像度
1024×768以上
推奨となっています。
(それ以下だと
改行がおかしくなるかもです)

最近の記事

ブログ内検索

お勧めラノベ作品


戯言シリーズ

(著:西尾維新)




化物語

(著:西尾維新)




悪魔のミカタ666 スコルピオン・オープニング

(著:うえお久光)




私立! 三十三間堂学院

(著:佐藤ケイ)




学校を出よう!

(著:谷川流)




カレとカノジョと召喚魔法

(著:上月司)




狼と香辛料

(著:支倉凍砂)



test

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「町ぐるみの罠~白濁にまみれた肢体~」感想

久々の感想です。
メギドが1月末なので、本当に半年ぶりの感想となります。
この半年は忙しかったなぁ……(遠い目)。

今回は、Syrupから満を持して発売された輪姦ゲーム、
町ぐるみの罠~白濁にまみれた肢体~」の感想となります。
未だに高い評判を得ている「汚された夏」の続編ですね。
「姦禁」? そんなこと早く忘れてしまいなよ!

今回は攻略ページを利用しませんでした。
システムとして、現在のシナリオ位置を確認できるフローチャートが実装されているので、
それを見つつ選択肢を総当たりしていけば簡単にコンプできると思います。

・ゲーム
 オーソドックスななADV。選択肢でルートが分岐します。
 分岐の数が結構多いのですが、条件自体は非常に簡単であり、
 プラスして上述のフローチャートがあるため、全ルートを見るのは難しくありません。

 システムについて。
 基本的なものは揃っており、何も問題ありません。
 QSAVE/QLOAD、既読/未読スキップ、バックログからの音声再生、
 キャラごとの音声ON/OFF、オートモード等ですね。
 しかし、大きな問題点として、今作、
 シーン回想中での『ウインドウ消去』『コンフィグ設定の変更』が出来ません。
 そのため、回想の利便性が著しく損なわれています。
 2chでは、回想のためのセーブデータが配布されているほどです。
 (私もコンプした後に利用させて頂いています)
 多分メーカー側もそのうち対応してくれるんじゃないかな、とは思いますが、
 現在例の問題の余波もあり、メーカー側が沈黙しているので、よくわかりません。

 毎回言及している「次の音声が入るまでは音声再生継続」機能ですが、
 この作品にもやはりついていません。うーん、そんなに難しい機能なのかな……。
 凌辱ゲームにこそこの機能は付けて欲しいところ。

 総プレイ時間は約20時間程度かと。
 一度ルートに入ってしまえば、日常描写はあまり多くないのですが、
 とにかくエロシーンが多いし長い。
 非常にありがたいことです。

 現在公式ではパッチは配布されておりません。
 喉元過ぎれば……を期待ですね。



・ストーリー
 引っ越した先は
 「女性全てを奴隷にし、それを元に人員・企業誘致を行い活性化を図る」
 というコンセプトを元に作られた町だった!
 勿論、引っ越してくる女性は事前に厳密に審査され、見目麗しい方のみ!

 みたいな。
 物語は主にヒロインである敦子視点で語られます。
 詳しくは公式HP参照。
 まさしく町ぐるみで女性への凌辱を行っているため、
 町中のどこであってもハードな凌辱が行われます。発想の転換!

 序盤は学校でのセクハラから開始し、
 セクハラ中の行動によって場面が医療施設や町のボランティア室に移り、
 更にはメインキャラが変わり、様々なシチュエーションで嬲られます。

 基本的には女性が凌辱されるだけなのですが、
 その根幹には連綿と続く因縁が隠されています。
 ……などと大仰に書いていますが、今回明かされた裏設定はまさに蛇足も蛇足、
 見ているこっちが逆に恥ずかしくなるような、ありがちでしょっぼい設定でした。
 まあ、あまり気にしないが吉。
 この設定のおかげでごくわずかですが触手等に犯されるシーンもあり、
 バリエーションの追加に一役買っています。
 わしはこんな裏設定、知りとうはなかった!

 一応「汚された夏」から続く伝統なのか、
 ヒロインが無事に町を抜け出すエンドもあります。
 が、大して力を入れているわけでもなく、
 あくまでそういうルートもあるんですよ的な取って付けた感がバリバリです。
 まあ、これは様式美なのです!

 「汚された夏」とはライターが変わっており、
 地雷と化していても驚かないぜ!くらいの気構えでプレイを始めたのですが、
 その心配は全くの杞憂で、非常に楽しみながらプレイすることが出来ました。
 見劣りしないストーリーだと思う。蛇足は多少あれど。



・キャラ
 適当に。

 【高木敦子】
 メインヒロインにして主人公。
 教師設定だけど、新任であり、見た目はとても大人には見えません。
 非常に純真で、人を疑うと言うことを知らず、ほいほいと罠に引っかかりに行きます。
 それでいて貞操観念はしっかりとしているので、
 背徳感を刺激してくれる中々良いキャラになっていると思います。

 【高木ゆい】
 ロリ妹。縞パン。
 ちっさい娘をガタイの良いキャラが犯すって最高やね!
 ゆい専用となっている黒人キャラ、ジョンですが、
 留学生故の無知を楯にして迫るというのは設定を生かしていて良かったと思います。
 『黒人=でかいDick』としか考えていないようなゲームより遙かにマシ。

 【矢田千佳子】
 グラマー眼鏡。
 眼鏡を掛けていなければどれだけマシだったか……。
 敦子とキャラを分けた理由があまり感じられなかったなぁ。
 どうせならもっと弟と絡ませるシーンがあったら良かったのに。

 【一ノ瀬梓】
 無口ミステリアスキャラ。
 見た目、声共にクリーンヒット。
 このキャラをもっと色々なシチュで嬲りたかったなぁ。
 この人が出てくるルートは、割と何でもありな感じになっており、
 もっとも人外に犯されている薄幸キャラ。裏設定もあれだしね。
 個人的に気に入っているテニスウェアで痴漢をされているのも、ポイント高い。

 【北川巴】
 最初から墜ちています。あんまり印象にない。
 大人しいけど肉欲に従順、っていうのは好きな人もいるのかね。

 【仲根 美帆】
 前作ヒロイン。
 今作では矢田千佳子ルートとオマケディスクで姿を見せてくれます。
 見た目完全に痴女になっており、個人的には千佳子に続いて興味なし。

 【奈々】
 前作で出てきてたけど、エロシーンが殆ど無かったキャラ。
 人気があったのか、今作のおまけディスクでのヒロインに抜擢。
 オマケの割に、結構良いエロシーンがありました。
 でも、前作よりも大分アホの子になってしまっている気がするなぁ。

 エロエロゲーとしては、割とキャラ立ても頑張っていると思います。
 出来れば1人ぐらいヒロイン側に黒髪のキャラが欲しかったところ。



・エッチ
 これがまた言うことがない。
 あんまり事細かに言っちゃうと興ざめになりかねないので概要だけ。

 大まかには輪姦がメインで、それに続く形で恥辱・痴漢・セクハラシチュが多いです。
 というと、意外と種類として少ないな、と感じられる方もいるかもしれませんが、
 公式HPを見て頂けるとわかるとおり、凌辱者側にもバリエーションがあるのですね。
 そのそれぞれの凌辱者の特長を生かした、上述の
 「輪姦+恥辱・痴漢・セクハラ」が繰り広げられるわけです。
 これはもうね、良い! 素晴らしい!
 汚らしい男性陣の大活躍に僕の股間もヒートアップ!
 凌辱者については公式HP参照。載ってる男は全員凌辱者です。当然父親もね。

 敦子に関して言えば、処女を奪う前に、
 色々な形で恥辱シーンがあるというのもポイントが高い理由です。
 「まだキスもしたこと無いのに……」
 とか考える初心な女性を辱めるのって良いよね!

 一部触手やオーク等の人外凌辱もありますが、こちらも中々の出来。
 人間では不可能な強靱さや理不尽さで女性(主に梓)を責め立ててくれます。<

 あと、色々とテンション高いですが、気にしないでください。



・CG
 乳がええのぅ……。
 というわけで、「汚された夏」と同じ原画家、芦俊さんです。
 若干頭部が大きめでロリっぽく見える絵柄ですが、だからこそ輪姦が映える!

 塗り・精液差分ともに非常に頑張っており、ほとんど文句がありません。
 難を言えば、黒髪キャラが欲しかったかなー。玲さんカムバーック!



・総評
 評価:A-
 輪姦ゲーとしては、これ以上のものがあるのか?と思うぐらいのレベルの高さ。
 やはり「輪姦ゲー」と銘打っても、輪姦だけじゃ駄目だよなーと思い知らされました。
 個人的には「汚された夏」をも若干越えた感じですね。
 システム面は当然として、エロ方面でも。長年待たされた甲斐があった……。
 「女性視点の輪姦モノ」という、免疫のない方には敷居が高いゲームですが、
 食わず嫌いをせずに、是非! 試して頂きたい作品です。

--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--











ここから下は適当に書き殴った文章です。
ネタバレ全開かもしれないです。閲覧には注意をお願いします。






ぎゃああ、枯れるうううぅぅぅ!
というわけで、久々の久々に良い輪姦ゲーでした。

適当にヒロインへの感想。

・メインヒロインの敦子
 「汚された夏」の美帆に比べて髪の色とか服装とかがファンタジックになっており、
 いわゆる日常っぽさが無くなってしまいエロシーンが微妙になるんじゃないか、
 とか思ってたんですが、性格が割とまともなので(アホだけど)問題ありませんでした。
 ……それでもやっぱり黒髪が良かったけどな!
 パッケージでメインヒロインが黒髪だとあんまり目立たないとかあるのかなぁ。
 そもそも輪姦ゲーをパッケ買いする奴が居るのかという疑問も多少ありますが。

・妹
 ロリは好きなはずなんですが、なんでだろう、終わった後でも印象薄い。
 そもそも原画の絵自体がロリっぽいから、
 単純なロリというだけでは特徴付けが弱いんじゃなかろうか。
 金髪ツインテールというロリのテンプレみたいなキャラだしね。
 つか、ツインテールって奈々子と被ってるし。
 最後に思いっきりSキャラになるのも、何か汚された夏の妹と被るなぁ。
 あっちはSじゃないけど、自分から誘うキャラだったし。
 こう考えると、いまいち設定の段階で微妙なのか。

・眼鏡
 眼鏡キャラというだけで興味が8割減ですよ……。
 キャラの差別化と一定の需要があるから未だに根強く出てくるんでしょうが、うーむ。

・梓さんかわいいよ梓さん
 書いてみて気付いたけど、あずささんって書くとあっちのキャラになるな。
 汚された夏では裏設定は本編にあってもなくても全く関係なかったけど、
 今作では梓ルートで思いっきり関わってきますね。
 そのおかげで人外凌辱も入ってきたのですが、その是非は個々人に依りますかね。
 ちなみに私は、あんまりイラネ派です。
 この作品に人外は期待してませんでしたし。
 このキャラにテニスウェアを割り当てたシロップスタッフは素晴らしいと思う。
 テニスウェア最高!

名前からして適当。
そして、私の梓の気に入り具合が伝わってくるものと思います。
梓>>>敦子>>>>>>>妹>>>>>|越えられない壁|>>>>>>眼鏡

そして、その他についてもグダグダと。

・エロシチュ
 輪姦が素晴らしいのは確か。
 しかし、それ以外にも非常に良いシーンがあるのだ!
 私のお気に入りシチュは
 授業中セクハラ、バス痴漢、近親、精飲、公衆便所、乳洗い、
 ぐらいですかね。
 単純に挿入するだけでなく、嬲って恥辱を煽るシーンが適度に入ってくるのが良い。
 単調になりすぎないように注意してる。

・システム面
 汚された夏では変なところでシステムが重く、姦禁は作りが荒い。
 それに比べて今作は、よっぽど力を入れたのか通常プレイでは全く文句はありません。
 回想がアレだったけどな!
 まあそれも2chのセーブデータでどうとでもなるし、文句ないです。

・男キャラのバリエーションの豊富さ
 生徒に校長、老人ホームの患者に医院長、八百屋のおっさん、父親、
 上司、クラスメイトの黒人留学生、不良者。
 それぞれが非常に嫌らしくヒロインに迫っていく様は実に良い!
 そして、最終的には全て輪姦に繋がるのも良いね! こだわりを感じる。
 難を言えば、八百屋がいまいち活躍しなかったなー。
 もうちょっと強引にスーパー内で責めて欲しかった。
 あと、医者はイマイチ。

なんか普通に内容被ってるところもあるなー。まあいいか。

もう収拾が付かないので適当にまとめますが、非常に素晴らしいゲームでした。
輪姦ゲーとしてこれ以上何を望む、といってしまっても良いぐらい文句の付け所がない。
これで楽しめないなら、その人には輪姦の素養(凄い言葉だ)がなかったのでしょう。
興味のある方は是非! 是非! 是非! プレイして頂きたい。

……児ポ法のおかげですげー地味な名前になってしまいましたが。
「町ぐるみ輪姦 ~白濁まみれの少女達~」の方がよっぽど良いタイトルですよ。
ほーんともう、くだらん話ですわ。
流れたとか言っていますが、どうせまたそのうち再燃しそうですよね。
所詮、絵だ! というようなことをオタク側から言わねばならない日が来るとはw

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://sagainkyushu.blog24.fc2.com/tb.php/1313-aa51979b